私は過去の薄毛に関する悩みついて、最近になってようやく周囲に語ることができるようになった28歳の会社員。

 

しかし、1年前までは、シャンプーや髪をセットする際に映る鏡の自分を見た時のスカスカな地肌を見る度に、鬱々とした日々を過ごしていました。

 

とにかく何とかしなきゃと、ドラッグストアで購入できる手頃な育毛剤こそ使ってはいたものの、悩みを改善する効果を感じることはできませんでした。

 

そんなどうしていいか迷ってた時に活路を見出すきっかけとなったのが、3つ年下の彼女の存在でした。

 

彼女は某大学の薬学部に通う大学院生。

 

いわゆる理系女子ならではの視点で、私の薄毛改善を実現するヒントをくれたのです。

 

その後は私も育毛剤に関する情報をかき集めた結果、最終的に辿り着いた育毛剤。

 

彼女も「これならOK」と太鼓判を押した育毛剤を使用し続けて1年が過ぎようとしているのが、正に現在の私なのです。

 

当サイトでは、そんな当時の悩める私が理系女子の彼女とのやり取りを通じて、どのようにして薄毛の悩みを解消する育毛剤を見つけることができたのか。

 

そして、正にいま薄毛に悩むあなたが知りたいと思っている、

 

「高い効果が期待できて、かつ副作用の心配もない育毛剤」

 

を明らかにしていきます!

 

理系カノジョの視点でわかった育毛剤に求める成分とは?

 

私が自分の髪の毛の悩みを、はじめて彼女に打ち明けたのがちょうど1年前。

 

「なんでそんな悩んでんの?」と言わんばかりに、あっけらかんと私の悩みに淡々と答える彼女に対し、もっと早く打ち明ければ良かったと思った私でしたが、

 

その会話の中で、その後の私の運命を左右する、こんなやり取りがありました。

 

 

 

困る薄毛男性

 

薄毛をとりあえずなんとかしなきゃと思ってさ、この前ドラッグストアで売っている育毛剤を買ったんだけど、

 

スカッとするのは最初だけで、1本使い終わっても効いてる感じが全くしないんだよな。

 

やっぱ、安い育毛剤じゃ薄毛に効果はないんかなあ・・・?


教える理系女子

 

あったりまえじゃない!そもそも育毛剤で髪を増やそうなんて思ってるのが間違いだもん。

 

所詮、そんな育毛剤なんか頭皮の殺菌と血行促進が目的の成分しか入ってないんだから、それだけで薄毛をどうにかする育毛効果なんて全くないのよ!


悩む薄毛男性

 

そ、そうなんだ。。。

 

てことは、育毛剤なんかを使うよりは、AGAクリニックに行ってなんとかしてもらった方がいいんだな。


呆れる理系女子

 

あーあ。何も分かってないし。AGAクリニックに行ったって、結局は育毛剤を処方されるのよ?

 

ようは医薬品か医薬部外品かっていう違いなだけで、考え方は風邪薬と一緒よ。


焦る薄毛男性

 

で、でも医薬品の育毛剤の方が効果があるだろ?風邪薬だって市販薬よりも成分が強いじゃん。


怒る理系女子

 

確かにそうよ!効果があるけど、医薬品の育毛剤の成分ってどんなものか知ってる?

 

日本で処方される医薬品の育毛剤は、フィナステリドとミノキシジルっていうのが主成分なんだけど、これってもともと育毛のための薬じゃないんだよ?

 

フィナステリドは前立腺肥大症の薬、ミノキシジルは高血圧患者に処方される薬なわけ。

 

つーまーり、副作用から生まれた薬ってわけ!


疑問に思う薄毛男性

 

ん?ってことはその育毛剤にも副作用があるってこと?

 

でも、効果があるんだったら、多少のリスクはしょうがないか。どんな薬にも副作用のリスクってあるし。


納得させる理系女子

 

男性機能の低下、肝機能障害、心臓負担による狭心症・・・まあ副作用なんて「これくらい」よ。

 

確かに100%起こるわけじゃないけど、育毛剤は風邪薬なんかと違って、薄毛が改善されるまで使い続けなきゃいけないでしょ?

 

少なくとも半年間、1年以上副作用のリスクのある薬をつけてたらどう?チリツモって知ってるでしょ?

 

もっと言うと、フィナステリドやミノキシジルって、使うのをやめると効果もなくなるの。

 

つまり、薄毛の他の原因を改善しない限り、その薬は飲み続けなければならないってことなのよ。


ショックを受ける薄毛男性

 

そ、そうなんだ。。。全然知らなかった。

 

だったら、どんな育毛剤を使ったらいいのか、ますますわからなくなってきた。


解説する理系女子

 

そうね。私も最近の育毛剤にどんな成分が使われてるかって詳しくは知らないんだけど、ポイントとしては、

 

髪を増やす効果のある成分と薄毛の原因を抑制する成分

 

この両方が主成分となっている育毛剤を使うのが大前提ね。

 

さらに、さっきも言ったけど長く使い続けなければいけないものだから、できるだけ化学成分が含まれている育毛剤は避けること。

 

髪に使われるものとして代表的なのは、シリコンや石油系界面活性剤なんかがそうね。

 

シャンプーなんかは洗い流すからまだいいけど、育毛剤のように浸透してナンボのものに関しては、こうした化学成分が入ってないものを選ぶのが大事よ!


 

 

 

ご覧の通り、この時の私は薄毛に関する知識もなければ、育毛に対する姿勢もなってない状態だったので、彼女の理論的な言葉に、ただただ頷くことしかできなかったことを覚えています。

 

その翌日から、彼女に言われた言葉を理解して自分に合った育毛剤選びをするために薄毛や髪の毛に関する知識を必死になって勉強しはじめました。

 

1000円前後の育毛剤に効果が感じられなかったワケ

 

まずは、私が最初に使ったドラッグストアで販売されている1000円程度の育毛剤。

 

彼女は血行促進と頭皮の殺菌を目的とした成分しか入ってないと言っていましたが、本当に、これらの成分しか入っていないことがわかりました。

 

例えばドラッグストアで販売されている育毛剤Aの有効成分を見てみると、『t−フラバノン・ニコチン酸アミド・ピロクトンオラミン』と記載されていました。

 

詳しい成分の効果を調べてみると、

 

t-フラバノン

 

髪の成長の阻害要因である「TGF-β」を抑制する効果があると言われていますが、日本皮膚科学会が発表しているAGA診療のガイドラインでは、t-フラバノンはC1という判定となり最高のA判定よりも2段階低い評価となっているため現段階では抜け毛抑止くらいに考えた方が良さそうです。

 

ニコチン酸アミド

 

毛細血管の拡張を促す成分でビタミンB群の一種で、ナイアシンアミド、ビタミンB3とも呼ばれています。

 

ピロクトンオラミン

 

殺菌効果や皮脂分泌を抑制する働きがあり、フケ予防として有名な成分。

 

 

この成分では血行促進・頭皮の殺菌のみに効果をもたらす育毛剤にしかすぎません。

 

確かに、こうした成分も育毛には必要ではありますが、私やあなたのように薄毛の進行がはじまっている症状を改善するという点においては絶対的に足りないものがあります。

 

そう、それが彼女の言っていた、

 

 

髪の発毛力を高める!

 

これ以上薄毛を進行させない!

 

 

という2つの成分というわけなのです。

 

この2点の有効成分について私は徹底的に調べていきました。

 

髪の発毛力を高める成分とは

 

まず髪を発毛させるという点においては、はっきりとした発毛効果が認められているのは、カノジョが言っていた医薬品しかないことがわかりました。

 

具体的に発毛効果はミノキシジルという成分に、その有効性が認められています。

 

しかし、これら医薬品には長く使い続けることで副作用のリスクが高いということもわかっています。

 

つまり、私が求めているものは副作用がなくて、これらと同等の効果を発揮してくれる成分です。

 

数ある育毛剤を調べていきましたが、これら医薬品と同等の効果が期待できるのは、この1つ。

 

 

M-034

 

 

というコンブから抽出した天然由来成分であることがわかりました。

 

M-034

(参考:チャップアップより)

 

このように対照実験によってミノキシジルと同等の発毛曲線を描くことが証明されました。

 

もちろん、天然の海藻成分なので副作用もありませんので、現時点で副作用がなくてミノキシジルと同等の発毛効果を期待できるのは、このM-034だけということになります。

 

薄毛を進行させないためには脱毛の原因をブロックすることが必要

 

次に薄毛の進行をブロックするために必要な成分について調べていきました。

 

そして、ここに来て初めて、

 

そもそも何で人間って薄毛になるのか、しかも何でハゲって男の方が圧倒的に多いのか?

 

という、本来は最初に考えなければいけないことに疑問を抱きました。

 

祖父がハゲてたから、おそらく自分は遺伝的に薄毛になる運命なんだろうとしか思ってませんでしたが、

 

男性の薄毛の多くはAGA(男性型脱毛症)という男性ホルモンの乱れによる原因が関係していることがわかったのです。

 

さらに詳しくみていくと、5αリダクターゼという脱毛酵素が男性ホルモンと合わさると、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変化します。

 

このDHTが脱毛を促進する最大の原因と言われています。

 

つまり、

 

 

DHTというホルモンに変化させないために5αリダクターゼをブロックする

 

 

これが薄毛を進行させないために必要なことなのです。

 

これを抑える効果のある薬はフィナステリド(プロペシア)という飲むタイプの医薬品となります。

 

くどいようですが、ミノキシジル同様に、このフィナステリドにも性欲減退や内臓疾患といった副作用があります。

 

そこで、M-034同様に天然由来成分で同等の効果が期待できるものを調べていくと、

 

ノコギリヤシ

 

という、ヨーロッパでは医療用成分としても認可されているヤシ科の植物から抽出される果実エキスであることがわかりました。

 

育毛剤選びに迷う時は「M-034」と「ノコギリヤシ」が入っている物をまず優先すべし!

 

育毛剤を1つ1つ比較していくと、実に様々な成分が配合されていることがわかって当時は本当にビックリしました。

 

最初の内は、どれもこれも良さそうな成分ばかりに思えましたが、髪を増やす効果のある成分と薄毛の原因を抑制する成分の2つだけに注目していくことで、

 

最低限必要なのはM-034とノコギリヤシが含まれている育毛剤

 

であることがわかったのです。

 

数ある育毛剤の中から、この副作用のない2つの成分が含まれている育毛剤をピックアップしていくと、最終的に3つの育毛剤だけが残りました。

 

この3つの育毛剤に共通しているのは、育毛剤とサプリがセットになっていることです。

 

5αリダクターゼは酵素のため体内からブロックするのが基本となるため、ノコギリヤシという成分も体内で吸収されてはじめて効果を発揮してくれます。

 

このサプリがセットになっている育毛剤を探していくと、たった3つしかなかったわけです。

 

これをカノジョに評価してもらった所、

 

納得する理系女子

 

よく調べたわね!うんうん。これだったら長く使い続けても副作用の心配はないわ。

 

ただし、医薬部外品って医薬品よりも成分自体の効果はゆっくりと出てくる傾向にあるから、そこは予め理解しておくことが必要ね。

 

だから、どうせ使うなら、できるだけ早く効果を発揮してくれるために、その他の成分でどうカバーするかって所も考えたいよね。

 

この3つだと、どれも似たような成分が入っているけれど、私だったらこの順番にオススメするわ。


 

と、私が調べた結果に辿り着いた2つの成分が含まれている育毛剤には太鼓判を押してくれたカノジョが、

 

さらに詳しくその他の成分を比較した結果としてオススメする育毛剤を順番に並べるとこうなりました!

 

 

理系カノジョも納得の成分配合の育毛剤ランキング

 

 

無添加育毛剤イクオス

イクオス(IQOS)の特徴

3ヶ月以内に育毛効果を実感した人が7割を超えるという、効果の早さを最大のアピールとしているのがイクオス。
 
育毛剤としては後発組ですが、ここ数年でモンドセレクション受賞、各種メディアに取り上げられて認知度が一気に広がっています。

価格 4980(定期コース初回)円
評価 評価5
備考 注目成分:M-034を含む3つの海藻エキス配合
イクオス(IQOS)の総評


イクオスの主成分は、M-034。これは医薬品として処方されるミノキシジルと同等の効果が立証されていて、かつ副作用のない成分です。また、髪を増やすだけでなく、それ以上薄毛を進行させないための成分も含め、計66種類とダントツの成分量を含む点から、文句なく第1位におすすめしたい育毛剤です。

 

 

 

副作用訴求

チャップアップ(CHAP UP)の特徴

イクオス同様、育毛剤としては後発組ながらも、その育毛効果を実感する人の多さが利用者の数に比べて圧倒的に高いのがチャップアップ。
 
バリエーションの多い定期コースが魅力で、自分の状況に合った無駄のないセレクトが出来るのがウリ。

価格 9090(定期コース)円
評価 評価4.5
備考 注目成分:センブリエキス+グリチルリチン酸+ジフェンヒドラミンHC
チャップアップ(CHAP UP)の総評


イクオスに比べるとコレ!という成分に特化はしてない代わりに、育毛促進・状況改善・薄毛進行の抑制の効果が期待できる44種類のバランスの良い成分が配合されている点が評価できる育毛剤です。

 

 

 

BUBKA

BUBKAの特徴

ミノキシジルと同等のM-034(濃密型)を60%増量で業界1位の配合量となったBUBKA。
 
BUBKA独自の製法技術を多く搭載しており、分子ナノ水で他の育毛剤と浸透力が違います。
 
さらに、BUBKA独自のM-034のナノリッチ製法(濃縮濃密にする技術)も使用しているから、効果の違いが明らかに!

価格 5,980円
評価 評価4
備考 注目成分:M-034(配合量が業界no,1)
BUBKAの総評


イクオスとチャップアップと比較した時に、M-034 の量は最も多いんだけど、ノコギリヤシの成分量が最も少ないという、なんとも惜しいなと感じるので、ここでは第3位としました。ただし、育毛剤だけに特化すればイクオス同等と考えても間違いありません。

 

 

 

 

こうして私は、理系カノジョも納得して推薦できる育毛剤を使い続けてから、早1年が経とうとしています。

 

ちなみに私は、費用面も考えた上でイクオスを選んで使い続けていますが、おかげさまで薄毛の悩みは徐々に解消されつつあります。

 

とくに変化を感じたのは、6ヶ月ほど過ぎた頃から明らかに抜け毛の量が減ったことですね。

 

私の場合、薄毛の症状としてとくにひどかったのが抜け毛でしたので、この点がまず改善されたことは精神的にも大きかったです。

 

そして、スカスカした地肌も全く気にならなくなったわけではありませんが、1年前は手鏡でおでこの生え際をクローズアップして見ると、

 

1つの毛穴から1本しか生えてない毛穴が多くなっていたのが非常に気になってしょうがなかったですが、今ではさほど気にならなくなってきています。

 

こうした経験を通じて、私からいまのあなたに言えることが1つだけあります。

 

それは、

 

育毛するなら絶対に早くスタートした方がいい!!!

 

正直言って、これに尽きます。

 

あなたも頭ではわかっていると思いますが、ハゲてからではもう遅いのです。

 

さらに、薄毛を改善するにはとても時間がかかるということを今この場で理解してください。

 

私は幸いなことに、理系カノジョのおかげで育毛に対して本気で向き合うキッカケを作ることができました。

 

そのおかげで、1年経った今は当時と比べて髪の悩みは大幅に改善されたのです。それでも1年はかかっているわけです。

 

今日から薄毛対策をはじめるか、明日からはじめるかでも1年後のあなたの結果は全然違います。

 

やや大袈裟に聞こえるかもしれませんが、それだけ早くはじめるに越したことはない、ということを私は言いたいのです。

 

「まだ薄毛の悩みというほどではない」という段階だからといって放置しないこと。

 

髪の毛のことで何かしら以前と変化を感じているのであれば、今すぐ育毛剤を使って進行を喰い止めることからはじめていきましょう!

 

M-034とノコギリヤシの成分が配合されている育毛剤BEST3

 

 

無添加育毛剤イクオス

価格 4980(定期コース初回)円
評価 評価5
ポイント M-034+ノコギリヤシの成分量とバランスに文句なし!3つの中でどれがいいか迷うようであればイクオスを使ってくださいと私も使用者として太鼓判を押す育毛剤です。

 

 

 

 

髪が欲しい

価格 9090(定期コース)円
評価 評価4.5
ポイント バランスの良さが光る育毛剤。利用者の多さはここ数年ではNO.1という安定感はあります。その分、イクオスに比べると新規顧客の獲得には積極的ではなくなったため、キャンペーン的なものは少なくなりました。

 

 

 

 

BUBKA

価格 5,980円
評価 評価4
ポイント M-034の量はこの中でNO.1。歴史もあって知名度もある育毛剤として長年フューチャーされてきました。ただし、サプリ系への力の入れ用はまだまだといった感じを受けるため、ここでは第3位としています。